2018年4月18日水曜日

「大黒柱が見守る家族とともに成長する家」
しばらく投稿をサボってしまいました(^^;)申し訳ありませんでしたm(__)m
前回の投稿から、いろいろな作業が行われました。
吹き抜けの天井に杉の羽目板を貼ったり、外壁の左官で仕上げる塗り壁部分の下地のサイディング工事などが行われました。

工場の中では、外壁に貼る杉の板の加工がおこなわれています。板と板とmの取り合いの部分の加工をし、塗装を行っています。
ちなみに、外壁の塗料にはウッドロングエコという塗料を使っています。
この塗料は粉末で、水に溶かしてから塗るのですが、塗った直後は水を塗ったような感じです。
ところが一晩ぐらい時間を置くと、色が濃くなるというかシルバーというかなんとも言えないカッコイイ色に変化します。

今週末からいよいよ、外壁の杉板の工事が始まります。
貼り上りがとっても楽しみです。









2018年3月31日土曜日

「大黒柱が見守る家族とともに成長する家」

今週も内部の造作作業を行っています。
今、リビングの吹き抜け部分を中心に作業が行われていますが、もう少しすると天井へ杉の羽目板が貼られます。
階段材の加工も始まりました。階段も杉材で造られます。
余談ですが・・・杉がたくさん使われていて仕上がりが楽しみなのですが、加工をしている姿が写真に写っているT大工さん、実はスギ花粉症です(^^;)
加工しているのは花粉じゃないので、もちろん問題はありません(^^)





2018年3月24日土曜日

「じゃがいもを植えよう」

今日は斎藤建設の春の恒例イベント「じゃがいもを植えよう」を開催しました。

最初に畑に建てる看板を作りました。子供たち一人一人に書いてもらいましたが、みんなすてきな看板が出来上がりました。中にはパパへの応援メッセージを書いた子も・・・

その後は畑に向かいじゃがいもの種芋を植えました。子供たちはあっと今に植えてしまい「もっと植えた~い」との声も(^^;)

作業後は畑の校長先生の「畑の学校」畑で栽培されている野菜の名前当てクイズやじゃがいもの育ち方のレクチャーがありました。

畑の作業の後はピザ作り。好きな具をトッピングしてピザ窯で焼いて食べました。ちょっと窯の温度が高すぎて焦げ気味でしたが、みんなで楽しく作って食べるピザは格別でした。

皆様のおかげで楽しいイベントになりました。参加して頂きましたお客様、お手伝いいただきました方々に感謝申し上げます。

今日植えたジャガイモは、7月の二週目の週末ごろ収穫できる予定です。今度は夏のイベント「じゃがいもを掘ろう」楽しみにまっていてくださいね!


















 

2018年3月19日月曜日

「いっしょに楽しむ家づくりの学校 in SW鹿沼工場」


いつもは事務所で開催している家づくりのためのセミナー「いっしょに楽しむ家づくりの学校」ですが、先週の17日の土曜日は鹿沼にあるスーパーウォールの鹿沼のパネル加工工場で開催しました。


今回は工場での開催ですので、いつものセミナーメインではなく、見て体感するのがメインとなります。
特にウレタンの発泡実験では、原料の温度によって発泡の状態が大きく変わってしまい、いかにウレタンが温度にデリケートなのかが一目瞭然です。


よく、斎藤建設さんは何故スーパーウォール工法を採用しているのですか?と聞かれますが、工場で造られているので品質が一定のウレタンであること(性能にばらつきが無い)、湿度に強いウレタンであること(内部結露に強い)、形状安定性に優れていること(断熱材がが下がらない)事が理由です。


後は耐震面で、耐力面材にミシン目現象に強いOSBを使っていること(強い力を受けても釘に沿って面材が裂け難い)、アイディールブレーン社の制震テープを採用していること(繰り返す地震に強い)なども理由に上げらます。


しかし、どんなに優れた部材でも適切に使わなければ、正しく性能は発揮されません。
なので、断熱や気密、パッシブデザイン、耐震など、きちんとした知識、あるいは最新の技術を常に学んで、設計に落とし込めるよう努力をしています。
特に気密性能をきちんと出す施工などは、一朝一夕にはいきませんから、現場の職人さんと共に常に学んでいます。


このような、勉強会も開催していますので、是非、ご参加ください。
(工場内は写真撮影禁止なので手元写真です)

2018年3月18日日曜日

性能向上計画認定住宅」


今日は諸々業務をこなし、最後に那須町に工事が始まるT様邸の性能向上計画認定住宅のグリーン化事業交付申請書の仕上げを行いました。(相変わらず表紙の糊付けが下手ですね)


斎藤建設の得意とする断熱や気密、耐震性能はもちろんですが、夏と冬で太陽を上手にコントロールする点にも気をつけて設計しました。


T様邸にも家族の思い出の「八溝杉の大黒柱」が設置されます。
また新たに「いっしょに楽しむ家づくり」が始まります。お施主様と楽しみながら家づくりを進めて行きたいと思います。T様、マロンパートナー会(協力業者会)の皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。


2018年3月17日土曜日

「大黒柱が見守る家族とともに成長する家」

内部の造作に作業の中心が写ってきたため、作業の進捗があまり写真では分かり難い段階になってきました(^^;)
現場では大工さんがサッシに窓台を付ける作業を行っていました。

この窓台、杉材なんですが実は屋根の破風板として入手したものを選別して、しばらく保管しておいたものなんです。

材木屋さんには怒られそうですが、大工さんの知恵と工夫ってすごいです!

 
 

2018年3月10日土曜日

「大黒柱が見守る家族とともに成長する家」

今週で床を貼る作業が終了しました。
今回使っている材料は1階のほとんどの部分で、地元八溝の杉の赤身を浮造りにした床材、脱衣室やキッチンなどはちょっと硬めのアカシアを使いました。
余談ですが、斎藤建設の家づくりでは、合板の床材は一切使いません。無垢の床材は断熱や気密など基本的な性能と相まって、とても快適な空間を生み出してくれるからです。
早く、オイルで仕上げた姿が見たいですね(^^)

こちらは八溝杉赤身の浮造りです


こちらはアカシアです